面接が通過しないときは、面接が「会話」になっているか考えよう

転職活動を開始した際、書類は通過しても1次選考に通過せず苦労しました。

そこで、何故通過しないのか転職エージェントの方に何度も相談しました。



私の経歴の問題

そもそも私が受ける会社とのマッチングの問題

等、いわれましたが面接が通過するようになったアドバイスが、面接を「会話」だと思うことというアドバイスでした。



面接となると緊張してしまい、また面接官に面接をされるという意識を持ってしまい、会話ではなく「一問一答」になってしまっている感がありました。

面接は面接官にとっては、一緒に仕事をする人を探す場です。

その点を考えるとやはり一問一答では、魅力的には見えないと思います。

そのため、少しずつ緊張しながらも面接で「コミュニケーション」をとることを意識しました。



具体的な方法として、まずは面接での応答の仕方を変えました。

回答は、文章で3文までを意識しました。

一回の返答で、全てを応えようとせず、面接官がさらに具体的に質問をしてくるような返答になるように心がけました、

また、短文で答えようと思うと緊張感が薄れさらに面接官と自然な会話ができるようになりました。



面接官は第一印象と面接での人間性を見ようとしていると思います。

人それぞれ、経歴や学歴など自信のないところがあると思いますが、まずは、書類が通過している時点でその点についてはクリアしていると思った方が面接で変な緊張をせずに済むと思いました。



次に、企業研究を念入りに行うようにしました。

企業ホームページはしっかり目を通し、競合他社についての研究もしました。

面接でよく聞かれる「志望理由」に答えられるようにするためです。

競合他社の研究をすると、どうしてその会社なのかという質問に答えやすくなりました。



会社のスローガンや、少数精鋭だとか教育業界であれば生徒に対する接し方、 教育に関する考え方など全て競合会社との違いがあり、そういった違いを理解した上で

どうして面接を受けようとしている会社を受けようとしているのかという話に持っていくことが できたので、志望理由を具体的に話すことができるようになりました。


面接に通過するためには、企業研究と業界研究、面接での応答の仕方を変えるという、基本にまずは集中することだと思います。

どんな質問がきても具体的な研究ができていれば、面接での返答に困ることはなくなります。


その次に、返答を短文で端的にできるように私は面接前にワード等で文章で書きだすということを繰り返しました。

頭の中が整理されるので、面接での緊張感が薄れます。


こういった点を意識することが転職活動でのポイントだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です