転職は計画的に!下準備をしておけば失敗はありません。

転職の道筋を考えることから始めよう!

私は転職を重ねて、現在は正社員として働いています。

経験から言って、仕事のやりづらい所や自分が成長しない所に長い間いたとしても、何にも良いことはありません。
そう考えると、さっさとやりがいが見つかるところに移った方が自分のためにもなるのです。

しかし、そうは言っても生活をして生きていかなければなりませんから、おいそれとは動けないのが現実です。

転職したい理由は様々だと思いますが、第一に人間関係は避けて通れない道です。
上司や同僚や部下たちの質が良くなければ、そこにいる価値は見出だせません。

その他、賃金や労働時間など、条件の悪すぎるところも考えものです。

それでは、どうすれば転職が成功できるのでしょうか?サクセスストーリーをお伝えします。

やっぱり資格は必要

宅地建物取引士、行政書士、秘書検定、ファイナンシャルプランナーなど。
やはり資格は取っておいて損はありません。

一口に資格と言っても、国家資格、公的資格、民間資格、国際資格など種類があります。

さて、通信で民間の資格を取るというのは「お安くお手軽」に着手できます。

しかし、民間の資格の多くは、無くてもその仕事につけるものが大多数です。
例えば「医療事務」など。

病院で受付やクラークとして働いている人たちは、一見してみな医療系の資格を持っているのかのように見えますが、実は事務員の全てはそうではありません。
部署にもよりますが無くても仕事に成就できます。

しかしながらもちろん、医療事務の資格を持っていれば就職率はグンとアップします。

これを踏まえると、どのような資格でもいいので、やはり下準備として、取得しておく事をお勧めします。
かくいう私も「医療事務」を取得して、今は県内でも大きい病院に勤めています。

ですから、自分が現在勤めている職場を離れ、この先どのような職業で生活して行こうか?と、未来を見据えましょう。

例え次の就職先が肌に合わなくても、資格さえあればその職種には就きやすいものですから、安心出来るメリットがあります。

あなたが得意な分野は何ですか?
もしくはあなたがこれからチャレンジしてみたい分野はどれですか?
それは自分に向いていると思いますか?

やりたい事と、向いていることが違う可能性もあることも視野に入れて準備をしましょう。

そして、まずは情報を集めるところからスタート。
勉強をして資格を取得したら、就職の面接へ。

まとめ

この先の道筋は立てられましたか?

転職をするということは、非常に気力も体力も使うことです。

ですがこの事を暗く考えずに、明るく希望に変えて行きましょう。
「新しい事にチャレンジする」のは素敵なことです。

頑張って下さいね。
では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です