転職サイトを使った転職を成功させるための注意点

転職を成功させるポイントは、自分のこれまでの経験が転職先でどのように生かせるかをアピールすることです。

その意味では生かせる職場を見つけるということも重要なポイントとなります。

企業は中途採用の人は即戦力になることを期待して採用します。
やる気や具体性の乏しい社会人経験のみをアピールされても、第二新卒くらいの将来性がない限りは採用とはなりにくいです。

面接では自分がこれまでどのような仕事をしてきたかということを具体的なエピソードに掘り下げて話をする必要があります。

そしてその仕事が志望企業のどの部分とマッチするのかを自分の言葉で述べるのです。

そのためには企業研究もしっかりと行わなければならず、「社会人経験があるから大丈夫」と舐めてかかると痛い目に合うことになります。
転職を考え始めたら、まずは自分が今までの仕事で何を覚えてきたかを思い出すようにしてみましょう。

転職サイトを利用しての転職活動は自分のペースを維持できるメリットはあるものの、自己管理ができていないとダラダラとしたものになってしまいやすいです。

在職中からなんとなく転職サイトにエントリーをして情報を収集しているという人は多いと思いますが、ある程度期間を区切って検討するようにしなければ、曖昧な気持ちで募集条件をみることになるので、結果的に時間の無駄となります。

仮にまずまずの条件の会社があったとしても、本気で探していない状態であれば検討度合いも低くなります。

「どこか良い会社があれば転職しよう」という消極的なスタンスではなく「転職するために良い会社を見つけよう」というつもりでいなければ、本当に自分に合った会社を見つけることはできないのです。

転職は、以前の会社の方が良かったというリスクもどうしてもついてまわります。

「転職する」ということにこだわりすぎると、自分を安売りすることになってしまい、別の会社に移ることには成功しても満足を得ることはできなくなります。

転職サイトではどの求人も魅力的に思えてしまいますが、マッチングは自分自身で行わなければならず、客観的に分析してくれる人もいません。

自分を客観視することができないと、今の会社への不満と未来への漠然とした期待だけで行動することになってしまい、良い転職は望めません。
焦らずに自分がどうしたいかを考えて行動するようにしてください。

転職活動はなまじ社会人経験を積んだことで、新卒の時には出来ていた会社選びの大事なことを忘れてしまいがちです。

条件面や現状からの脱却も大事なことですが、自分の力が一番生かせる仕事は何かということをよく考えて検討するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です