転職を成功させるためにすべき3つのポイント

転職をしようと転職エージェントの人材派遣会社へと足を運んだ私ですが、事前に準備を怠ったためでしょう、不採用となりました。

転職を行う際には準備という物が必要で、準備を怠った私は仕事を紹介してもらえるはずもありませんでした。

ここでは転職にあたり、3つの準備すべき事柄を紹介します。

転職をする際、ただ単に転職を支援してくれる企業に行くだけでは転職をするには不十分です。
転職を成功させるにはポイントがあり、一つは転職先への転職の動機が必要な点です。

次に、経験を企業の方に説明するだけでは不十分で不採用になります。

これも当たり前といえば当たり前なのですが、企業としてはどのようなことが出来て、企業にどのような利益があるのかを聞きたいわけですから、そういった説明が出来ないとまず転職は失敗します。

ですが、転職エージェントなどではそういった過去の経歴がある人であれば、どのようにアピールすれば企業に受け入れてもらえるかのアドバイスをもらえたりしますので、転職を支援してくれる人のアドバイスを聞き、アドバイスを生かして転職時の面接に生かすといった努力をすると、なお良いでしょう。

最後に年齢や中途採用の場合、ものすごくスキルを見られてしまいます。

企業としては中途採用や年齢が高い人の場合、実績がありキャリアがある人物のみを欲しがります。

自分の実績に合わなかったり、実績そのものが無い場合、まず、面接すら受け入れてもらえないです。この点は転職エージェントは徹底しており、実績のある人については手厚いサポートを受けることが出来ますが、実績が無い場合ですと、サポートはあまり受けられないです。

私の場合、プログラマーの枠でゲームやスマホのアプリケーションの開発をしており、その実績が認められ仕事を紹介してもらえました。

ですので中途採用、高い年齢層であった場合でも、実績さえあれば転職は可能です。

最後に転職を支援してくれる会社には特色があり、転職エージェントの場合は実績を重視し、どのようなことが出来て、会社にとってどのような利益があるかどうかを判断されますので、実績があり企業に自分は何々の分野に秀でており、この分野で会社の何の部門に利益を与えられるということまで説明する必要があります。

これらは転職をする際、エントリーした後に面談をして、企業にアピールする際の武器になるため、転職エージェントでは念入りにサポートをしてもらえます。

転職エージェントから支援、アドバイスを貰い転職をしますので、企業にとって即戦力になるように努力をしなければなりません。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です